大学・学会・研究機関ホームページ制作のDIK

Q&A

大学内のサーバとレンタルサーバどちらにすべき?

大学の公式サイトや主要機関のホームページは、学内サーバで運営されている場合がほとんどですが、
研究室や研究グループ、学会などの小規模サイトでしたら、外部のレンタルサーバをお勧めします。

理由は、
(1)WordpressなどのCMSやサーバプログラミングが自由に使える。
(2)制作会社もログインできるため、更新管理が連携しやすい。
(3)不正アクセスで踏み台にされるなど、セキュリティー上のリスクがほとんどない。
(4)httpsから始まるSSL対応の独自ドメインが使える(大学のドメインも利用可能)
(5)アクセス解析が独自で行える、などです。

よくある質問と回答をまとめました。

(Q)費用はどれくらいかかりますか?
(A)年間数千円の共有プランからお選びいただけます。

(Q)大学のドメインは使えますか?
(A)大学側からネームサーバをレンタルサーバに割り当てていただければ、サブドメインでの公開が可能です。

(Q)ドメインやサーバの契約更新が面倒では?
(A)確かに、それはあります。DIKでは契約代行サービスも行っています(下記)。

DIKの「メンテナンスパック」をご利用ください!!
SSL対応の独自ドメイン・レンタルサーバの契約代行、コンテンツの更新管理(月1回以内)をパックしたお得なプランです。
ドメインやサーバのお申し込み、更新のお手続きを当方で代行しますから、更新忘れのリスクがありません。
▶費用 年間126,000円(月10,500円)

▲TOP