大学・学会・研究機関ホームページ制作のDIK

News

学生募集・資料請求の成果を「見える化」する、リスティング(検索連動型広告)

投稿日:2014.10.13

●ホームページの成果が見えない、結果が出ていない。
●学生募集・資料請求等の成果をアップしたい。
●パンフレットやDMの効果が出にくくなっている。
こんなことでお悩みの大学、専門学校の広報担当の皆様へ。一度、リスティング(検索連動型広告)をお試しになってみませんか?
リスティング広告は、ホームページ検索時に、上部や右側などに表示されるスポンサー枠のことです。

検索画面

リスティング広告の目的は、学生1名を獲得するためのコスト(顧客獲得単価)を把握し、最適化することです。従来の広告とはまったく概念が異なります。
DIKは、Googleの認定パートナー企業として、大学・専門学校の皆様にリスティング(検索連動型広告)をお勧めしています。

Google Partner

初歩の初歩から親身になって対応させていただきますので、この機会に、ぜひ、ホームページの広告展開をご検討ください。
詳しい資料をお送りします。下記よりご請求ください。

お問い合わせはこちら

▲TOP